日本のバブル時代における時計の価格について

| コメント(0) | トラックバック(0)

かつて日本は1980年代の後半に「バブル時代」と呼ばれる未曾有の好景気時代を迎えていました。
日本全体の土地の価格が異常に高騰して値上がりし、土地を転がす不動産業者を初めとしてそれに関係する銀行や様々な企業がお金を「倍倍ゲーム」の様に増やす事が出来た異常な時代でした。

そんな日本の「バブル時代」は様々な商品の価格が今よりも何倍も高い時代でした。
それは腕時計の価格、特に「高級腕時計」の価格においてはその傾向が特に顕著だったのです。

例えば当時1980年代後半にバブル景気に沸く日本で人気となったオーデマピゲの高級腕時計などは、総じて安くても300万円前後の価格帯で販売されていましたが、その当時でも定価で150万円を越さない程度のオーデマピゲの腕時計がバブル景気に沸く日本では倍の300万円以上で販売されていたのです。
しかもその倍の価格で売られていた「高級腕時計」は当時のバブル時代の日本では飛ぶ様に売れて在庫が僅少となるケースも決して珍しくありませんでした。
それ程、色々な商品、特に土地や贅沢品関連の商品が異常な高値を付けて売られていた時代だったのです。
それでも当時のバブル時代の日本ではそれらの贅沢品に湯水の様にお金を使って買い求める人達が後を絶ちませんでした。

マイケルコース腕時計なら『マイケルコースエリア』にお任せ下さい!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://conp-s.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwa2が2014年12月23日 13:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カジュアル?シック?ペアウォッチDIESELの腕時計」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。